ネットワーク

重要文書を廃棄する

機密文書とは、極秘文書、秘文書、社外秘文書を指します。どの種類の文書も社外に漏らしてはならない内容が記されています。そのため、処理するためにも注意が必要です。大量の機密文書を廃棄する場合はプロの処理業者に任せることです。処理費用は、段ボール3箱で1万円と、リーズナブルなものになっています。

詳しく見る

最新記事一覧

PC操作

文書を適正に廃棄する

会社内には機密文書が存在します。機密性の高い文書も、時間経過により改定や変更が必要となります。差し替えられた古い機密文書は、極秘に処理する必要があります。そのためには、専門の処理業者に委託することが重要です。専門業者に任せることで、人目に付かずに処理するには、この方法がベストです。

詳しく見る

PC操作

ビジネスにおける情報管理

機密文書、個人情報などの管理、処理に関しましては短期間ではなく、長期的なスパンで考える必要があります。専門の業者に依頼すればコストはかかりますが、管理における手間、リスクを考えれば非常に効果の見込めるケースがあります。I

詳しく見る

PC操作

電子媒体の文書の扱い

現在では、様々な形の文書が存在します。一頃とは違い、図面やイラスト、立体模型なども文書として扱われるようになりました。そして、紙媒体だけでなく、電子媒体に保存された物も文書として成立します。今では、電子媒体の機密文書も存在します。そのような文書を廃棄処理する際には、細心の注意が必要です。

詳しく見る

男性

文書を安全に廃棄する

企業の中には、機密文書が存在します。そのような文書を廃棄処理する際には、注意が必要です。肝心なことは、機密文書はそれ専門の業者に廃棄処理を委託することです。機密文書は、最初の段階で封印され、開封されることなく溶解処理を施されます。その段階を踏んでくれる業者に任せれば、安全に文書廃棄ができます。

詳しく見る

セキュリティをチェック

女性

比較時のポイント

会社内で使われる書類には多かれ少なかれ機密となる内容が含まれています。それらは単に廃棄処分としただけでは情報漏洩のおそれがあるため、適切な処理をする必要があります。自社でシュレッダー処理をするのも一つの方法ですが、膨大な量となる場合は相当の手間がかかります。そのような場合は機密文書処理専門の業者に依頼するのがおすすめです。機密文書処理業者に依頼するときは、まず業者の選定を行う必要があります。機密文書の処理を依頼するのですから、きちんとした処理体制があるのは必須条件です。そのためには、仲介業者や運搬業者を挟まずに自社工場で機密文書の裁断や溶解まで行ってくれるか、高い専門性があるかを確認しなければなりません。仲介業者を挟めばその分情報漏洩のリスクは高まります。そのため、自社工場ですべて行ってくれるかどうかをチェックしなければなりません。裁断にしろ、溶解にしろ、きっちり行いきらねば残った部分から情報が漏洩するおそれが発生するので、専門性をもちどのようにすれば情報漏洩リスクをなくせるかを把握している業者であることも大切です。また、処理を迅速に行ってくれるかも大切です。裁断や溶解までの期間が長くなればなるほどその間に情報漏洩されるリスクが発生します。これらの点を確認するには一度工場を見学するか、処理方法を映像で見せてもらうのがおすすめです。料金たけでなく、これらの点を総合的に比較して決めるのが大切です。