最新記事一覧

文書を安全に廃棄する

男性

より良い業者選びは

企業の中における機密性の高い文書は、厳重に保管することが重要です。極秘文書や秘文書といった類の機密文書は、普段は金庫内に保管されていることが殆どです。閲覧できる人間も、社内の上層部の人物に限定されます。そのような機密文書も、時間の経過により、内容の改定や変更が必要になることが多々あります。その際には、古い文書は廃棄処理され、新しい文書を作成することになります。その際、古い機密文書の廃棄処理には注意が必要です。いくら情報が古くなったと言っても、社外に流出してはならない存在に変わりありません。不要となった文書の多くは、古紙回業者に処理を委託することになりますが、その際の機密文書の扱いは別にしてもらう必要があります。機密文書だけを別処理に回せないという業者であれば、別の会社を探した方が無難です。完全に秘密が漏洩しない様に工夫してくれる会社は、最初の段階の処理から大きく違います。機密性の高い文書は、最終的に溶解処理を施して、判読不可能にするやり方がベストです。そのようなサービスを行っている業者は、回収の段階で文書を入れた封筒や箱を封印してくれます。封印された封筒や箱は、再び開封されることはなく、専門の工場で溶解処理に回されるのです。機密文書の安全な廃棄のためには、このような手順を実行してくれる業者を選ぶことです。処理費用は若干高くなりますが、安全を守るためには必要不可欠の経費でもあるのです。