最新記事一覧

ビジネスにおける情報管理

PC操作

情報管理の重要性

ビジネスシーンにおいては様々なデータを管理、取り扱う事になります。特に顧客情報などにおきましては取り扱いには細心の注意、管理を行う必要があります。万一顧客情報が漏洩した場合、取り扱った個人だけではなく、企業として社会的制裁を受ける事になります。顧客情報の範囲ですが、紙などの書類からパソコン内のデータまで様々です。顧客情報の記載された機密文書を簡単にゴミ箱に捨てる等の廃棄処理は非常に危険です。また、パソコン内の機密文書データ取り扱いに関しましては管理が困難で個人任せになりやすいものです。パソコンを扱う上ではセキュリティ対策等にも配慮する必要があります。これは個人単位ではなく、組織全体で統一されたルールに基づき管理、実施しておく必要があります。機密文書は現在は紙よりもパソコンなど電子文書での管理が主となっていますので、パソコン使用上における管理、処理につきましては誰かが厳密に管理しておく必要があります。しかし専門のITスキル等をお持ちの方がおられない様なオフィスでは機密文書やパソコン関係の管理、処理は非常に困難なものとなります。その様な環境、オフィスの場合ならば専門の業者に管理、サポートを依頼する事も効果があります。通常のオフィスならば複合機やパソコン等で様々な業者と付き合いがあります。IT関係の業者ならば、ほとんどの企業が電子データを含む機密文書の管理、処理に関する様々なノウハウを持っています。また、機密文書管理はISO取得を考えておられる企業におきましては必須と言えますし、入札条件に入ってくるケースも多くあります。