引越しをスムーズに行なうコツ|良質な業者の見分け方

引っ越し

少ない荷物を運ぶサービス

箱

荷造りから搬入までの流れ

単身パックは1ルームなどで生活するひとり暮らしの人が、少ない荷物を移動させるのに便利なパック商品です。引越しの移動距離や作業開始から終了までの時間が限られていますが、料金が安く済むので単身赴任や学生のひとり暮らしの人に人気があります。引越しの際には荷造りを行うため、段ボールなどの梱包資材が必要になりますが、単身パックは各社で梱包資材をレンタルしたり、いくつかの段ボールを無料で用意してもらうこともできます。基本的に引越し作業の流れは通常のサービスと同様に、前日までに段ボールなどを使用して荷造りを開始します。冷蔵庫やテレビといった家電、大物家具などは1人で動かすことが難しいので当日となりますが、本や衣類といった小物はしっかり箱詰めしておく必要があります。時間や手間はかかりますが、梱包のポイントを押さえておけば意外と簡単に片付くので、梱包の仕方などを調べておくと良いかもしれません。引越し当日になるとスタッフがやってきて、家具や家電など、大物家財を梱包して運び出してくれます。専用トラックに荷物を載せたら、新居に移動して搬入までスタッフが行います。単身パックでは大物家財は梱包を解いて、支持された場所に設置してくれるので、予め室内の配置を決めておくと作業がスムーズに進みます。搬入時に建物の壁などに傷が付かないよう養生をして、慎重に運んでくれるので安心です。また、小物を入れた荷物は運び込むだけなので、荷ほどきは自分で行うことになります。