引越しをスムーズに行なうコツ|良質な業者の見分け方

引っ越し

狭いからこそ前もって

ダンボール

一人暮らしの家具配置

単身者がワンルームの間取りの建物に引越する場合、自分で引越しを行い、引越が終わってから家具などを移動すればいいと考えがちです。しかし、単身者であっても業者を使って前もって置き場を決めておいた方が多くのメリットがあります。まず引越し業者を利用するメリットとして、運搬する荷物に補償があることです。自分で物を運んでいる時に不注意で引越荷物を落として壊してしまった場合は買い直すしか対処がありませんが、業者を頼んで運搬していたときの破損は業者が加入している保険によって賄われます。今では宅配業者が提供している単身パックのように荷物が少ない単身者向けで格安で引越ができるサービスもありますので、自分で軽トラックを借りて引越をするよりも逆に料金が低くすることもできます。また、前もって新居のレイアウトを決めておくことによって、引越業者は指定場所に設置してもらえます。重い冷蔵庫や大型のタンスは一人では簡単に動かすことができません。ワンルームマンションでは、物を置いておくにしてもスペースがなく、適当に物を置かれてしまうと作業スペースが確保できません。スペースに余裕がない単身者の引越しのときこそ、前もって家具や家電の配置場所を決めておいて、引越のときにきっちりと配置しておくべきです。ワンルームの部屋に大型の家具や家電はバラバラに配置するのではなく、ひとつの壁に並べた方が部屋を有効に使うことができます。隙間なく並べるのではなく、数センチ離して湿気や熱がこもらないように設置して下さい。